コーヒー豆

BOLIVIA AGRO TAKESI JAVA FLAT BEAN

販売価格: ¥3,500 (税込価格 ¥3,780 )

味わいの特徴

テイスト
ジャスミン/ リンゴ/ バニラ
焙煎度合い
star star star star star_border
フレーバー
star star star star star_border
酸味の質
star star star star_border star_border
甘さの印象
star star star star star_border
クリーンカップ
star star star star star_border
苦さ
star star star_border star_border star_border
ボディ
star star star_border star_border star_border

農園情報

生産国
ボリビア
地域
ラ・パス県 南ユンガス地方 ヤナカチ村
農園
アグロタケシ
標高
1,880 ~ 2,350 m
品種
ジャバ フラットベリー
プロセス
ウォッシュド

最高峰の農園で作られる、最高品質のコーヒー。
アグロタケシは、ボリビアの主要都市ラパスの北東、ヤナカチの標高2,500mを超える高地に位置します。 世界的に見てもこれほど標高の高い農園は数少なく、アグロタケシが「天空の農園」と称される所以でもあります。 昼と夜の寒暖差も一層厳しいこの環境ではコーヒーは非常にゆっくりと生育します。 一般的な栽培環境では6~8か月でチェリーは完熟しますが、ここアグロタケシでは10~11か月の時間を要すると言われます。 この特異なテロワールのもと、非常にゆっくりと成長したコーヒーは、風味の元となる成分を十分なほど蓄えながらチェリーが成熟します。 加えて、アグロタケシでは近年の新しい発酵プロセスを利用した精選方法は導入せず、自分たちの持てる技術でコーヒーの品質を完璧に仕上げることを目標としています。

クラシカルなウォッシュドプロセスを、他の追随を許さないレベルで微調整・洗練を重ねることで、クリーンでエレガントなキャラクターのコーヒー作りに秀でています。



エチオピア原種をルーツとするジャバ品種のフローラル&スパイシーなフレーバー
ボリビアコーヒーを代表するような品種の一つ、エチオピア系原種のジャバ品種です。 面長のティピカ系原生品種で、古くはインドネシアに伝わりジャワ島で育てられていました。 その後、カメルーンに行った後、中央アメリカに伝播することととなりました。 カメルーンや中米に伝播したものが地名にちなんで“ジャバ”と呼ばれています。 アグロタケシ農園はゲイシャ種も有名ですが、ゲイシャという品種も元々はエチオピアの原生品種をルーツとしていますので、ジャバ品種も系譜としては似通った系統のコーヒーとも言えます。

ゲイシャを思わせるようなジャスミンのような白い花のニュアンスと、洋梨やリンゴのようなフルーツの甘さ、そしてバニラやクローブなどスイートスパイスを思わせる長い余韻をお楽しみください



洗練されたウォッシュドプロセスによる圧倒的なクリーンカップ
アグロタケシの方針として、近年の新しい発酵プロセスを利用した精選方法を取り入れるより、自分たちのプロダクト(コーヒー)の品質を完璧に仕上げることを目標としています。 ゆえに精選方法はクラシカルなウォッシュドプロセスを採用。メカニカルパルパーは利用せず、自然発酵を利用したミューシレージ除去を施しています。 こちらの方が品質のブレが少なく、より洗練された味わいになるそう。 特にゲイシャ種においては酸が強調され、エレガントなキャラクターとリッチなフローラルフレーバーに反映されているそうです。 古典的なウォッシュドプロセスを他の追随を許さないレベルに微調整し洗練させることで、独自性を提供する戦略を選んだアグロタケシの選択が、ポジティブな結果につながったように感じます。

トップに戻る

この商品に対するお客様の声

この商品のレビューはありません。

関連商品

帯画像